コピーライティングでは八方美人的な文章は書かない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

コピーライティングでは八方美人的な文章は書かない。

今晩は、信君です。
いつもお世話になります。

最近はず~~~っとコピーライティングについて書いています。
でもこれって本当に大事なんですよね。
人の気持ちを惹き付けるライティングは必須になってきます。

私なりにライティングを学んできたのですが、
間違いをおかし易い部分をシェアしてみますね。

人は他人に気に入られたい為に、
どっちつかずの言葉で表現する事が多々あります。

(例)

Aと言う商品があるけれどBと言う商品も良いですよ!

これをブログやメルマガに掲載したら、
あなたの読者さん達はどう思うでしょうか?

何か中途半端だな!
結局どっちが良いのか分からない・・・
そう判断されても仕方ないですよね。

これが八方美人的な、
文章の書き方になってしまうのです。

これを一回、二回、三回と繰り返していたら、
あなたのブログやメルマガの信頼度が落ちてきます。
読者さん達を迷わせているのだから・・・

そんな事をするよりも、
あなたが運営している媒体で、
Aはお勧めだけどBはこの様な欠陥があってお勧め出来ない。

これをはっきり書く事によって、
あなたの信頼性が生まれてくるのです。

つまり、
良いものは良い、悪いものは悪い。
これをはっきりと言い切る事が必要なのです。

この事を積み重ねていくと、
あなたが運営いている媒体に、
信用、信頼が生み出されてきます!!

今宵は少し飲み過ぎてしまいました m(__)m

では、では、
今日はこの辺で・・・
関連記事

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 情報商材をアフィリエイトして稼ぐ力 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

スペック項目の説明
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。