2013年01月の記事一覧

月別アーカイブ:2013年01月

2013年01月の記事一覧。ブログとメルマガを連動させて情報商材をアフィリエイトしながら稼ぐ方法を紹介しています。
no-image

アメーバブログこんにちは、信君です。珍しくお昼の時間帯にブログを書いています。昨年はアメブロのID削除の件で炎上しましたね。信君もアフィリエイトリンクを貼っていたのですが、グローバルメニューとフッターの削除だけで済みました。多くのアフィリエイター達が、ブログのIDを削除されたのに比べると、アメブロ運営者さんから恩恵を受けた方だと思いました。でも、考えてみると変ですよね!!アメブロにはアフィリエイトのジャンルがあるの...

記事を読む

SEO対策今晩は、信君です。いつも有難うございます。今日は母の84回目の誕生日です。この日を無事に迎えられて感謝します!!まだまだ長生きして下さいね。今回はちょっと面白い結果が出た事を報告してみます。何があったのかと言うと、昨年の10月頃にあるインフォプレナーさんからメールが入っていました。(これは書いていいのか迷いました)メールの内容は、信君が運営しているこのブログ上で、販売者さんのツールを紹介して下さいと言...

記事を読む

no-image

アクセスアップ今晩は、信君です。ブログへの訪問、有難うございます。ちょっと古い話になるのですが、Googleにペンギンとパンダが現れました。H24年4月24日に導入されたシステムです。システムと言うかアルゴリズムですね・・・検索エンジンの頭脳(ロボット)の思考は日々進化しています。では、Googleで言う所の、ペンギンとパンダは何を意味するのか?信君は最近になって知りました。(気になってはいたのですが・・・)ペンギンアップデート...

記事を読む

no-image

アフィリエイト関連の記事今晩は、信君です。いつも有難うございます。今日あるメルマガを開いてみたのですが、そこにはとても怖い事が書いてありました。Gメールのアカウントを盗み取る輩がいるのです。昨年の末頃から発生しているのだとか・・・これは結構話題になっていたのですが、信君は今回のメルマガで初めて知りました。あなたの知らない内に、Gメールのアカウントが盗まれているのかもしれないのです・・・これって結構な被害を及ぼしてしまいます...

記事を読む

商材選定今晩は、信君です。今日も深夜にブログを書いています。前回はインフォトップのランキングで、簡単に売れそうな商材を見つける方法を書きました。↓売れる商品を見つける方法今回はもっと踏み込んで、インフォトップで表示される購入率(EPC)についてお話します。EPC(購入率)とは、どれくらい商品が売れやすいのか?を指し示す道標みたいなものと考えて下さい。以下より、EPCに統一して表現します。↑の画像の矢印で指した赤枠線の...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

アメーバブログのテンプレートが無料で利用出来ます。

こんにちは、信君です。
珍しくお昼の時間帯にブログを書いています。

昨年はアメブロのID削除の件で炎上しましたね。
信君もアフィリエイトリンクを貼っていたのですが、
グローバルメニューとフッターの削除だけで済みました。

多くのアフィリエイター達が、
ブログのIDを削除されたのに比べると、
アメブロ運営者さんから恩恵を受けた方だと思いました。

でも、考えてみると変ですよね!!
アメブロにはアフィリエイトのジャンルがあるのに、
何故アフィリエイトしてはいけないのでしょうか?


その事が気になっていたので、
最近はアメブロの記事を更新していませんでした。

しかし、考え方が変わってきました。
アメブロが情報商材アフィリエイトを禁止するならば、
リストを取得する為のブログにしてしまおうと・・・

アメブロが禁止しているアフィリエイトリンクは貼らずに、
「こんな情報がありますよ→知りたいと思いませんか?」
と表記して他の媒体に飛ばす方法です。

この時に注意して欲しいのが、
グローバルメニューやフッター等にリンクを貼らない事です。
何故なら信君はこの部分を削除されたからです。

でも個別の記事は生きています。
これは一体何を意味しているのでしょうか?

はっきりとは分かりませんが、
アメブロでは個別記事にアフィリエイトリンクを貼っても問題ない。
その様に感じたのです。

簡単な流れ

アメブロで記事を書く。

メインの媒体へと誘導する。

たったこれだけの事です。
ただし、これはアメブロ運営者さんの考え方次第にもなり得ます。
考え方が変わったらいきなりID削除なんて事もあり得ます。

その時は、
無料で使っているんだから仕方ない。
そう考えて、あっさりと諦めましょうね・・・

そんなリスクを伴うアメブロですが、
先ほど説明した様にリスト取りで活躍してくれます。
リスト→メアドですね。

アメブロでリストを取得する為には、
ある程度目立つブログを構築しなければなりません。
有名な芸能人達がひしめき合っているのですから・・・

ではどうしたらいいのか?
ここで登場するのがテンプレートです。

あなたはリスト取りに特化した、
アメブロテンプレートが欲しいと思いませんか?

そのテンプレートが、
今なら無料で手に入れる事ができます。

短期間のオファーだったので、
本当は期限切れの情報なのですが、
本日まで延長される事になりました。


アメブロで集客しようと思うならば、
書く記事の内容も大切ですが、
見た目のテンプレートも重要になってきます。


今なら無料で貰えます。
と言うか、本日11:59迄です。

http://sinkun-navi.info/web2/ameblo/


















スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ

複合キーワードで1位表示されました!!

今晩は、信君です。
いつも有難うございます。

今日は母の84回目の誕生日です。
この日を無事に迎えられて感謝します!!
まだまだ長生きして下さいね。

今回はちょっと面白い結果が出た事を報告してみます。

何があったのかと言うと、
昨年の10月頃にあるインフォプレナーさんからメールが入っていました。
(これは書いていいのか迷いました)

メールの内容は、
信君が運営しているこのブログ上で、
販売者さんのツールを紹介して下さいと言う事でした。

紹介するのだから、
勿論、そのツールは無料で貰えました。
全てが完全無料です。

で、ツールの内容にひと通り目を通して、
実際にブログを新規に立ち上げて実践してみました。

その後は約束通りに、
このブログで紹介しなければいけないと思い、
考えながらレビュー記事を書いてみました。

信君からすると、
マダマダ未完成のレビュー記事だったのですが、
あまりに遅くなるといけないと思ってしまい、
ブログにそのままアップしてしまったのです。

本当に中途半端なレビュー記事なのです。
近い内にきちんと変更しようと思っているのですが、
今現在公開しているのがこちらです

自動ブログ投稿ツールRESCUE 感想・評価・レビュー

ここまで書いてきて何を言いたかったのか?
この中途半端なレビュー記事が、
Yahooの検索エンジンで1位を獲得しているのです。





キーワードは複合キーワードで作成しました。
↑のキャプチャー画像を見て分かると思いますが、
選定したキーワードは「自動ブログ投稿ツール」です。
(検索結果数は日々変化していきます。)

では、何故この中途半端なレビュー記事で1位に表示されたのか?
不思議に思ったので自分なりに分析してみました。
Yahooはこの記事の何処をどう評価してくれたのか?

先日書いたペンギンとパンダで考えて見ましょう。

Googleのペンギンとパンダとは?

レビューには被リンクは貼っていません。
(被リンクを貼っていない→ペンギンは関連していない。)
つまりパンダがコンテンツを評価してくれたのだと思うのです。

コンテンツには二通りあると思います。

外観的なコンテンツ
内的なコンテンツ

現在のレビュー記事は外観に欠けています。
これをCSS(スタイルシート)で編集しようと考えていたのですが、
そこ迄しなくても複合キーワードで記事を書いて1位になったのです。


考えるに内的要因が大きく関連したのだと思います。

1:キーワードの選定。
2:記事タイトルの付けかた。
3:記事内にキーワードを散りばめる。
4:読者の為になるレビュー記事を書く。
5:SEO対策済のテンプレートを使う。

↑の全てが揃うのがいいのですが、
慣れる迄には時間がかかってしまいますね・・・
ひとつひとつ実践して学んでいくしか方法はありません。

今回はアクセス解析でこの順位を見つけました。
つまり、このキーワードで検索している人が多いのですね。
そこで上位表示されればどうなるか?

実際に市場で求められている商品なら、
爆発的に売り上げを伸ばす事が可能になるでしょう。

注意:上位表示されればいいと言う訳ではありません。
(商品の質と内容が悪ければ売れる事は無いでしょう・・・)

信君にはインフォプレナー(販売者さん)から他にもメールが届いています。
こんなツールや商材を開発したのでブログ等で紹介して下さいと。

そんな時には実際に中身を確認して、
これなら大丈夫だと思った時には紹介しています。

しかし、
これは如何なものか・・・
そう思った時には紹介しません。

何故なら、自分自身の信用を落としてしまうからです。
他人の商材を紹介して、自分の信用を無くしてしまったら元のもくあみです。
ここにだけは気をつけています。

今日の一言。

現在の検索エンジンのアルゴリズムは、
個別記事に対しては外観よりも記事の内容を重要視していると思えます。

テーマを決めたら、
その内容にあった記事を豊富に書いて行きましょう。
検索エンジンはその記事を高評価してくれるはずです。

 カテゴリ
 タグ

Googleのペンギンとパンダとは?

今晩は、信君です。
ブログへの訪問、有難うございます。

ちょっと古い話になるのですが、
Googleにペンギンとパンダが現れました。
H24年4月24日に導入されたシステムです。

システムと言うかアルゴリズムですね・・・
検索エンジンの頭脳(ロボット)の思考は日々進化しています。

では、Googleで言う所の、
ペンギンとパンダは何を意味するのか?
信君は最近になって知りました。
(気になってはいたのですが・・・)

ペンギンアップデートとは、
人為的な外部リンクの兆候を持つウェブサイトにペナルティーを課します。

簡単に説明すると、
メインサイトに貼っている被リンク(バックリンク)の事です。
↑の被リンクが自作自演だと判断されたらペナルティーを受けてしまいます。

結果、検索順位がガクッと落ちてしまうのです。

パンダアップデートとは何か?
こちらはブログやサイトのコンテンツ(内容)を意味します。
検索エンジンはコンテンツが薄い記事を嫌います。

他人のブログ記事をコピペしたり、
質の低いコンテンツで構成してしまうと、
パンダが価値観の無いブログだと判断してしまうのです。

これもペンギン同様に検索結果が落ちる要因の一つです。

これらの事で分かるのが、

ペンギン→被リンクを監視している。

パンダ→コンテンツを監視している。

あなたが運営するブログやサイトに、
Googleのペンギンとパンダがやってきて、
↑の条件に引っ掛かった時には順位が落ちてしまいます。

逆に考えれば、
被リンクとコンテンツが充実しているブログ(サイト)は、
検索エンジンで上位され易いのです。


↑の事を考えながら、
ブログやサイトの構成を考えて行きましょうネ。




















 カテゴリ

Gメールのアカウントが狙われています。

今晩は、信君です。
いつも有難うございます。

今日あるメルマガを開いてみたのですが、
そこにはとても怖い事が書いてありました。

Gメールのアカウントを盗み取る輩がいるのです。
昨年の末頃から発生しているのだとか・・・

これは結構話題になっていたのですが、
信君は今回のメルマガで初めて知りました。

あなたの知らない内に、
Gメールのアカウントが盗まれているのかもしれないのです・・・
これって結構な被害を及ぼしてしまいます。
(知り合いにも悪影響を及ぼす可能性があります)

信君もフリーメールは、
GメールとYahooメールを利用しているのですが、。
到達率や機能性を考えてGメールをメインとして利用しています。

ではその予防策はあるのか?
ハイ、乗っ取り予防法が存在します。
現在の状況をチェックする方法があります。

チェックの仕方と予防策はこちらから確認して下さい。

http://sinkun-navi.info/web2/2/

Gメールのアカウントを盗まれる原因は、
その殆どの場合がパスワードに起因しています。

簡易なパスワードの設定をしている人は、
↑のサイトを参考にして再設定して下さいね。

売れる商材を判別する道標とは・・・

今晩は、信君です。
今日も深夜にブログを書いています。

前回はインフォトップのランキングで、
簡単に売れそうな商材を見つける方法を書きました。

売れる商品を見つける方法

今回はもっと踏み込んで、
インフォトップで表示される購入率EPC)についてお話します。



EPC購入率)とは、
どれくらい商品が売れやすいのか?
を指し示す道標みたいなものと考えて下さい。

以下より、EPCに統一して表現します。

↑の画像の矢印で指した赤枠線の中に着目して下さい。
(ちなみにこの画像はインフォトップの商品指定リンク生成の画面です)
このASPに登録していないなら意味不明になってしまうかもしれません。

実際にログインして見てみると、
もっと多くのインフォプレナー(販売者)達がずら~~~っと並んでいます。

この中で其々の販売者の一番右を見て下さい。
赤枠線で囲んだ部分になります。
ここが上段と下段に区切られています。

・上段がEPCです。

・下段が購入率です。

このEPCの数字を調べる事によって、
どれくらいのアクセス数で一つの商品が売れているのか?
これが分かってしまうのです。

逆に表現すれば一個の商品を売る為に、
出来るだけ最小限のアクセスを集めて稼ぐ方法とも言えます。
これは利用しない手はありませんよね!!

アッ、もう一つ似たようなワードがあります。
購入決済率と言うのですがこれはCVRとも表現されています。

ではCVRとは何を意味するのか?
あなたが作ったブログやサイトにアフィリエイトリンクを貼りますよね。
そのリンクをクリックして実際に商品を購入してくれる迄の確率の事です。
(あまり意味深に考えないで下さいね)

ここで言いたかったのは、
購入率と購入決済率は違う事なのです。
ここは間違わないで下さい。

では、本題に入ります。
EPCとは1クリック当たりに対して発生するアフィリエイト報酬を意味します。

これを計算式にしてみると、

・EPC=(1クリック当たりの報酬金額)
アフィリエイト報酬の総額÷クリックされた総アフィリエイトリンクの数。

購入率=商品を販売した総数÷クリックされたアフィリリンクの総数。

おいおい、何を言ってるんだよ。
意味が分かんないじゃないか!!
そんな声が聞こえてきそうなので・・・

もっと分り易い計算式にしてみました。

発生したアフィリエイトの報酬÷EPC

2:100÷購入率

↑のどちらの計算式でも判別する事ができます。

あなたが10000円の報酬が得られる情報商材をアフィリエイトしたとします。
その時のEPCの数字が50の商品だったらどうなるか?

計算式に当てはめて見ましょう。

1:→10000÷50=200です。
つまり200アクセスに1個売れている状態です。

2:購入率が0.5%の商品だったとしたら、
→100÷0.5=200
これも200アクセスに1個売れている計算になります。

今回、何故この様な記事をテーマにしたのか?
あなたはアクセスさえ集まれば商品が売れると誤解していませんか?
この事を伝えたかったのです。

ブログやサイトヘのアクセスが少なくても、
その中で売れてくる商品も出てきます。
そんな優秀な商品を見つけ出してアフィリエイトするのです。

EPCと購入率の数字は高い方がいいです。
これは少ないアクセスでも売れている事を意味します。

逆にEPCと購入率が共に0の商品は、
取り扱っているASPで1個も売れていないのです。
売れない商品をアフィリエイトしても報酬は発生しません。

もうひとつ成約率が絡んできます。
↓が計算式です。
販売本数(A)÷アクセス数(B)=成約率(C)

成約率は、
一般的に1%あれば良いと言われています。

Aが30でBが1000だったらどうなるか?
ちょっと計算してみましょう。
30÷1000×100=3.0%
ですね。

この時に発生する報酬が、
一件当たり3000円だとしたら、
3000円×30本=90000円となります。

そしてアクセス数は1000件なので、
90000円÷1000アクセス=90円
これが1アクセス当たりに発生する報酬単価です。

この単価が50円を切ってしまう商品は、
紹介しない方が良いと推測出来るでしょう。

今回は情報商材の大手インフォトップを例にしましたが、
他にも沢山のASPが存在します。
ASPによってはEPCと購入率を表示していないかもしれません。

あなたなりに調査してみて下さいね!!

今回の記事が、
あなたの役に立ってくれたら幸いです。

 カテゴリ
 タグ
Copyright © 情報商材をアフィリエイトして稼ぐ力 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

スペック項目の説明
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。