今晩は、信君です。
いつもありがとうございます。

今日、Yahooのトップ画面を見ていたら、
ちょっとお得な情報を発見してしまいました。
NTTのフレッツ光を使っているなら必見の情報です。

ネット回線の競合が始まり、
NTTも重い腰をやっと上げたみたいです。


の記事だけでは内容が良く分からなかってので、
NTTの116に電話して実際に確認してみました。

そこで分かったのが、
NTT東日本と西日本では内容が異なる事です。

NTT東日本→「思いっきり割」
NTT西日本→「光もっともっと割」
と、名付けられています。

信君は西日本なので、
先ずは「光もっともっと割」に付いて書いてみます。

↑のリンクを踏んでYahooニュースの記事を見ると、
通常は5460円→3780円に大幅割引(24ヵ月間)となっています。
これだけでは詳しい内容が分かりません・・・

(訂正:2013年2月現在では、
リンクが無効ななっているので削除しました。
よってリンクは掲載していません。)

そこでNTTのオペレーターさんにTELしてみました。

これって、どうなってるのYO!!
そこで聴きまくりました。

そこで分かったのが、
この割引制度に参加するには、
「もっと割」の自動更新に入会している必要があります。

信君も今年の2~3月頃に、
NTTからTELが掛かってきて「もっと割」の勧誘を受けました。

「もっと割」とは、
通常はフレッツ光プレミアム(ファミリータイプ)→5400円なのですが、
加入する事によって毎月○○○円の割引が発生するのです。

信君の場合はフレッツ光プレミアムを、
まるまる5年間利用していたので、
毎月の割引額は1290円になっています。

はっきりとは分からないけれど、
割引金額は利用年数によって変わってくるのかもしれません・・・
疑問に思うならNTTの116へTELして下さい。(0120-116-116)

話を「もっと割」の自動更新に戻します。
勧誘を受けた時は3年事に自動更新するかしないか選択する事が出来ました。
3年後にも引き続けてNTTの光回線を使っているか・・・

考えた挙句に自動更新はしない方を選びました。
で、重要なのがここなのです。

「光もっともっと割」に加入するには、
「もっと割」の自動更新サービスを契約してなければなりません。
ガ~~~ン!!

信君は自動更新契約をしていないので、
「光もっともっと割引」に加入できません。

加入する事も出来るのですが、
その為には一旦「もっと割引」を解約して、
「もっと割引」の自動更新に変更する必要があるのです。

でも、そうなると違約金が発生してしまいます。

3年以内:31500円

2年以内:21000円

1年以内:10500円

これってどうYO!!
長い目でみたら違約金を払った方が僅かに得だけれど、
信君の場合はそこ迄する必要性はないと考えました。

3年経ったら、NTTから必ず連絡がきます。
(実際には、あと2年と3ヵ月です)
「もっと割」の契約を継続しますかと・・・

落ち着いて考えたら、
光回線とプロバイダーを変える気持ちは無いので、
更新期間が切れて連絡がくるのを待つ事にしました。

アッ、大事な事を書くのを忘れていました。
NTT西日本の「もっと割」の自動更新を契約している方は、
「光もっともっと割」に加入すると格安料金になります。

簡単に説明すると、
来年の3月1日から利用料金が4210円になります。
え?何で来年の3月からなの?

そう思うかもしれませんが、
これはNTT側の起算日が絡んでいるからです。

企業には決算日があります。
通常は4/1~3/31迄を決算期間としています。
(6/1~5/31の所も存在します)

NTTはこの起算日が3/1になっています。
だから今は申し込みの申請は受け付けている状態であって、
実際に動き出すのは3/1からになるのです。

「光もっともっと割引」に加入すると、
3月1日から利用料金が4210円に変更されます。
そしてその後は毎月105円減額されていくのです。

最終的には4210円→3790円迄減額されます。
3790円になる迄には8年間かかります。

解りにくいかもしれないけれど、
ここは辛抱して話を聞いて下さいね。

話をまとめます。
あなたがフレッツ光プレミアム又はネクストを利用しているのなら、
通常5460円→3780円迄減額出来るのです。


その為に必要なのが、
「もっと割引」の自動更新の契約を結んでいる事。
これが絶対条件です。

すると来年の3月から、
フレッツ光の利用料金が4210円に切り替わります。

そしてその後は毎月105円減額されていきます。
最終的には8年間で3780円になるのです。

で、その後はどうなるの?
安心して下さい。
8年目以降はずっと3780円を継続するそうです。

NTT東日本はこれと違ってきます。
詳しくは聞かなかったのだけれど、
申請したら二年間だけ3780円になるみたいです。

はっきりした事は分からないので、
この部分は自分で確認して下さいね。

つまり、
「もっと割引」を自動更新している状態なら
フレッツ光を4210円以下で利用出来るのです。
それ以上の金額は発生しません。

これはとてもお得だと思ったので記事にしました。
NTTの回し者ではありませんが・・・

でも、ここ迄価格を下げても、
何故、大丈夫なのかと言う疑問も起こってきます。
それでもNTTの社長は余裕の言葉を残しています。

と、言う事は、
これ迄がいかに利用料金が高かったのかが伺われます。
海外に比べると歴然としてきます。

電力会社は愚の骨頂ですが、
通信関連はもっともっと競争して欲しいと願ってやみません。