今晩は、信君です。
いつもお世話になります。

世界体操2014の決勝で、
最後の鉄棒で日本は敗退してしまいました。
その差は僅かに0.1ポイントでした。

でもこれはジャッジに問題があるのでは?
この大会ではもっとも採点が厳しい鉄棒で、
内村は15.4だったのに対して中国の選手は15.9を出しました。

テレビでず~~~っと見ていたけれど、
中國の選手に比べると内村の方が着地もピタリと決まっていて、
どう考えてみてもおかしな判定だと思えてなりません。

素直な気持ち、
なぜあの演技であの点数がでるのか?
いくら考えても理解不可能です・・・・

でも考えてみたら、
中国は賄賂の国家ですよね。
ジャッジがお金でも掴まされていたのでしょう。

内村も試合後のインタビューで答えていたけれど、
大会が開設された場所が中国なので部が悪かった・・・
これは本当に本音だと思います。

加藤もガックリしていたけれど、
インタビューではこう答えていました。
「これが採点性の競技の恐さです。」

陸上競技等は自分自身の力で結果をだせますね。
マラソンや短距離走やハンマー投げ等などは自分で記録を更新できます。
実際に記録を出して認められればいいのです。

でも体操競技は違います。
ジャッジが判断して点数をつけるのです。
これって体操選手の勝ち負けはジャッジの判断にかかっているのです。
フィギュアスケートもそうですよね。

審判の気持ち次第で、
競技の結果が変わってくるスポーツでいいのでしょうか?
今日はその事を特に痛感しました。


中国は勝つ為には何でもする国です。
改めてその事に気付かされました。
本当に情けない国ですね。

あんな勝ち方をして恥ずかしくないのでしょうか?
そもそも正義心とプライドがないのでしょうね。
ここが日本と中国の大きな差だと思いました。

これはアフィリエイトの考え方にも繋がってきます。

あなたがアフィリで稼ぐ為の方法論として、
利益だけを追求して誤った情報を発信しているのなら、
その情報を確認したユーザーはあなたから離れていくでしょう。

あまりに頭にきたので、
そこそこの愚痴ブログを書いてみました。
ではでは今日はこの辺で・・・・