今晩は、信君です。
いつもお世話になります。

コピーライティングもテクニックとして、
PASONAの法則と言うものが存在しています。

ネットの普及によって、
DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)が普及されてきたのです。

DRMを簡単に説明すると、
相手の感情を動かす為に、
文書を使って心理的にアプローチをかけて、
行動を促すマーケティング手法になります。

つまり、
こんな良い案件(商品)があるのですが、
あなたはどう思いますか?
良いと思ったら購入してみませんか?

これがDRMなのですが、
その土台にあるのがPASONAの法則です。
ではPASONAの法則とは何なのか?

こんな風に説明したら分かりやすいかも・・・


今あなたにはとても深刻な問題があるのだけれど、
その問題をほったらかしにしていたらとんでもない問題に発展していきます。
でも大丈夫!!その解決策をあなただけに教えます。
その秘密を知りたいと思いませんか?


これがコピーライティングの核心部分になります。

P=probrem→問題点
読者さんの悩みと問題点を明らかにして、
共通点を生み出して共感を呼び出します。

A=Agitation=問題点をさらに煽りたてる。

SO=Sollution=どうしたら問題を解決出来るのか考える。

N=Narrow=絞り込む=「緊急性」を感じさせる為に対象や条件を絞り込みます。

A=Action=アクション=ここで読者さんに行動してもらいます。→アフィリリンクを踏んで貰う。


↑の5パターンの要因を、
あなたの読者さんに順番を追って語りかけると、
かなりの確率で反応が高くなっていくといってもいいでしょう。

よく考えてみると、
これは自然の法則なのかもしれませんね・・・

では、では、
今日はこの辺で・・・