今晩は、信君です。
いつも有難うございます。

メルマガや無料レポートを読んでいると、
時々オールドドメインを使う方法を目にします。

このオールドドメインとは一体何なのか?
あなたは疑問に思った事はありませんか?
信君はアフィリ初心者の頃に悩みました。

そもそもドメインとは何を意味するのか?
ここから考えなくてはいけません。
ドメイン=住所 になるのです。

ネット回線を利用するにはURLを表示させなければなりません。
例:HTTP://○○○.com
独自ドメインを利用しているなら○○○の部分がドメイン(住所)になります。

無料ブログを利用しているのなら、
オプションで独自ドメインを利用できる事も出来ますが、
普通はレンタルサーバーとドメイン専門会社を結び付けて利用します。

今回は無料ブログは割愛させてもらいます。

さて、ここからが本題です。
アフィリエイト初心者さんが、
オールドドメイン(中古ドメイン)と聞かされて意味が分かるでしょうか?

解り易く簡単に説明すると、
オールドドメインとはその名の通り古いドメイン、
自分が作ったのではなく他人が作ったドメインを意味します。

もっと簡単に説明すると、
検索エンジンで上位表示させる為に、
他人が使ってきたドメインを購入する行為になります。

ここで気づいて欲しい事があるのですが、
見ず知らずの人が使っていたドメインを簡単に購入していいのか?
ここは要注意点です!!

検索エンジンのアルゴリズムは、
年齢の若いドメインよりも古いドメインを重要視します。
その為にオールドドメインの方が検索結果で上位表示され易いのです。

検索結果で上位表示され易いのならば、
アフィリエイト初心者さんなら喉から手が出そうな方法ですね。

でも、この方法はやめた方がいいと思います。
考え方は人其々なので追求はしません・・・
良いと思っている人はOK!
これはどうかな?と思っている人はNGの考え方です。

先ず考えて欲しいのが、
オールドドメインは他人が使ってきた住所になります。

そのドメインを購入して、
ブログやサイトを作成する事に着目して下さいね。

ドメインエイジと言う言葉があります。
これはそのサイトを運営してきたドメインの運営期間を意味しています。
この期間が長いと検索エンジンの評価は高くなるのです。

しかし、他人が運営していたドメインを引き継ぐのだから、
いろんな問題も発生してくるのも事実です。

もう一度書き込みします。
インターネット上でオールドドメインを取得する事は、
他人が捨てたURLを購入して自分のURLに変換しているだけの事なのです。

では、何故そこまでしても、
他人が捨てたオールドドメインを欲しがるのか?
そして、そこに潜む罠を次回は書いてみますね。